大さん橋のあゆみ

大さん橋のあゆみ

ペリー提督の黒船来航によって、1859年(安政6)に開港した横浜港。
波止場「象の鼻」に発する現「大さん橋国際客船ターミナル」は、6度の建設・増改築を経て7代目になります。
居留地時代を経て、生糸や茶、関東大震災、戦争、引き揚げと海外移住、
東京オリンピック、物資・製品の輸出入、そして客船クルーズ時代と、
幕末の寒村から370万人の国際都市へ横浜のめざましい発展ぶりを、大さん橋は見届けてきました。

横浜市中区海岸通1丁目1番地である横浜の〝原点〟を体感し、
景観と環境にやさしいウッドフロアで潮風に吹かれながら来し方・行く末に思いを馳せるのも、
大さん橋ならではの豊かな時間の過ごし方ではないでしょうか。

1859年
(安政6)
横浜港開港
1892年
(明治25)
イギリス波止場の延長線上に鉄桟橋架設工事着工
(横浜港最初の築港工事)
1894年
(明治27)
鉄桟橋(大さん橋)竣工。メリケン波止場と呼ばれる。
幅約19m、長さ約457m
1917年
(大正6)
拡張工事竣工(横浜港第2期築港工事)
1923年
(大正12)
関東大震災で桟橋部陥没、上屋焼失
1925年
(大正14)
震災復旧工事竣工
1936年
(昭和11)
拡張工事竣工(横浜港第3期拡張工事)
1945年
(昭和20)
進駐軍(米軍)が大さん橋を接収 サウスピアと呼称
1952年
(昭和27)
接収解除
1964年
(昭和39)
東京オリンピックに合わせて、ターミナルが完成
1975年
(昭和50)
「クイーン・エリザベス2世号(QE2)」初入港
1989年
(平成元)
老朽化による大さん橋地区再整備事業による改修工事着工
1993年
(平成5)
代替ターミナル完成
1995年
(平成7)
新ターミナルの国際デザインコンペで最優秀作品が決定
2000年
(平成12)
新ターミナル新築工事着工
2002年
(平成14)
新ターミナル完成。現在幅110m(両サイドエプロン各20m含む)、長さ450m(エプロン含む)

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

Osanbashi Yokohama
International Passenger Terminal

(指定管理者:横浜港振興協会・神奈川新聞社・ハリマビステム共同事業体)

〒231-0002 横浜市中区海岸通1-1-4 
Tel. 045-211-2304 
https://osanbashi.jp/

全景

  • 米軍接収が解除された関内地区と大さん橋。県庁(キング)、横浜税関(クイーン)、横浜市開港記念会館(ジャック)の横浜三塔が見える=1953年、神奈川新聞社撮影

  • 艀のひしめく象の鼻と貨物船が接岸した4代目大さん橋。東京オリンピックにあわせ、さらに改築された=1960年、神奈川新聞社撮影

  • シルクセンターから眺めた山下公園・海岸通り、横浜マリンタワーと、この年引退して展示された氷川丸=1961年9月、神奈川新聞社撮影

  • 三菱重工業横浜造船所の跡地は、横浜みなとみらい21地区になった。右端の1号ドックには、現在帆船日本丸が係留されている=1965年12月、神奈川新聞社撮影

  • クルーズ客船時代に入り、飛鳥Ⅱ、ぱしふぃっくびいなすが接岸した7代目の現大さん橋=2014年12月、神奈川新聞社撮影

復興

  • 占領軍の接収が続く大さん橋に、戦後初めて接岸した日本船・白山丸=1951年5月、神奈川新聞社撮影

  • 客船氷川丸が米シアトル航路に復帰。フルブライト日米交換学生99人も乗船していた=1953年7月、神奈川新聞社撮影

  • 英国女王エリザベス2世の戴冠式に向かう皇太子殿下(現天皇)を乗せ、大さん橋を出航するウィルソン号。日本初のテレビ中継が行われた=1953年3月、神奈川新聞社撮影

  • 中南米への移住者を乗せたぶらじる丸。船上から5色の紙テープが滝のように投げられ、大さん橋に詰めかけた見送りの客らとの別れを告げた=1956年12月、神奈川新聞社撮影)

  • 世界初のLPGタンカー・ブリジストン丸が三菱重工業横浜造船所で進水式。多くのタンカーが高度成長期から現代まで、日本の経済・社会を支える=1961年11月、神奈川新聞社撮影

客船

  • 太平洋戦争開戦から10年、ニューヨーク定期航路が復活し、貨物船若島丸は接収中の大さん橋でなく高島ふ頭から出港した=1951年7月、神奈川新聞社撮影

  • 大さん橋に接岸した英豪華客船カロニア号を見学しようと、バスを連ねた修学旅行生らも訪れた=1954年11月、神奈川新聞社撮影

  • 復活したシアトル定期航路で大歓迎を受けて出発する氷川丸=1954年8月、神奈川新聞社撮影

  • 英国際観光客船チューサン号が入港。カラフルなサリーをまとったインド人女性らの姿も見られた=1958年4月、神奈川新聞社撮影

  • 日本とソ連(ロシア)を結ぶナホトカ定期客船航路の第一船モジャイスキー号が大さん橋に入港。乗客は世界レスリング大会選手団らだった=1961年5月、神奈川新聞社撮影

  • 大さん橋に接岸した客船アルカディア号から下船した外国人女性ら=1962年8月、神奈川新聞社撮影

  • 世界一周の途上、大さん橋に接岸したオランダの豪華客船ロッテルダム号が、夜の港を華やいだ雰囲気に=1962年3月、神奈川新聞社撮影

  • ノルウェーの豪華客船オスロフィヨルド号が世界一周の途上、横浜港大さん橋に初入港した=1962年10月、神奈川新聞社撮影

  • 音楽隊が歓迎する中、入港する英豪華客船キャンベラ=1967年、神奈川新聞社撮影

  • 世界最大の英豪華客船クイーン・エリザベス2世号(QE2)が、92日間世界一周で乗客約1300人を乗せて、大さん橋に初入港=1975年3月、神奈川新聞社撮影

にぎわい

  • スウェーデンの客船クングスホルム号の見学客でひしめく大さん橋=1955年、神奈川新聞社撮影

  • 教師に引率され、大さん橋の見学に訪れた修学旅行生ら=1962年4月、神奈川新聞社撮影

  • 大さん橋に接岸する客船アルカディア号船内から=1962年8月、神奈川新聞社撮影

  • スカーフやぬいぐるみ、カメラ、携帯ラジオなどが並ぶ大さん橋の土産物店は、外国人客らも交じって大にぎわい=1964年10月、神奈川新聞社撮影

  • 初入港したクイーン・エリザベス2世号(QE2)を一目見ようと、大さん橋は長蛇の列。約2万人が詰めかけた=1975年3月、神奈川新聞社撮影

東京五輪

  • 10月10日の東京オリンピックの開催式にあわせて、大さん橋でも五輪エンブレムが掲げられた=1964年、神奈川新聞社撮影

  • 東京オリンピックの開催にともなって、大さん橋には豪華客船など5隻が接岸し、ホテル船に。大勢の外国人乗船客らが横浜市内にも繰り出した=1964年10月、神奈川新聞社撮影

  • 音楽隊の歓迎演奏に合わせて、乗船客らに手を振る和服姿のミス横浜ら=1964年10月、神奈川新聞社撮影

  • ホテル船から上陸する外国人らを見ようと集まった大勢の見物客=1964年10月、神奈川新聞社撮影

  • 大さん橋ロビーに設置された街頭テレビの前に集まり、東京オリンピックの放映に見入る人々=1964年10月、神奈川新聞社撮影

著名人

  • 米の映画俳優グレン・フォードが、マーロン・ブランド、京マチ子らと共演する「八月十五夜の茶屋」撮影のために来日=1956年3月31日、神奈川新聞社撮影

  • 英作家サマセット・モーム氏が約1カ月の日本滞在の旅を終えて、ベトナムに向けて出発=1959年12月、神奈川新聞社撮影

  • 映画監督ヒチコック夫妻がプレジデント・クリーブランド号で来日。近作の日本上映の「ごあいさつのため」=1960年4月、神奈川新聞社撮影

  • 「私はカモメ」という言葉を発した女性初の宇宙飛行士テレシコワ(旧ソ連、現ロシア)夫妻がバイカル号で帰国=1965年11月、神奈川新聞社撮影

  • 天津乙女さんら宝塚歌劇団が20年ぶりの全米公演のため、客船氷川丸で出発した。全米31都市で94公演する強行日程=1959年7月、神奈川新聞社撮影

日本の客船

  • 日本のクルーズ客船時代の幕開けを告げる新造船ふじ丸が大さん橋に初入港。当時日本最大の客船=1989年5月、神奈川新聞社撮影

  • 一足先に大さん橋に華麗な姿を見せたクルーズ客船おせあにっくぐれいす=1989年4月、神奈川新聞社撮影

  • 退役する飛鳥とバトンを受け継ぐ飛鳥Ⅱが、三菱重工業横浜製作所に並んだ=2006年2月、神奈川新聞社撮影

  • 昭和5年(1930)に建造され、米シアトル定期航路に就航した貨客船氷川丸。太平洋横断254回、船客数は2万5千余名を数え、退役後山下公園で公開=1961年6月、神奈川新聞社撮影

  • 昭和5年(1930)に建造された練習帆船日本丸。54年間で約1万1500人の実習生を育てた。旧三菱重工業横浜造船所1号ドック(現横浜みなと博物館)で係留保存、一般公開された=1985年4月、神奈川新聞社撮影